Language JPEN

弊社のSinChro技術が、専門情報誌に掲載されました。

・専門情報誌
検査と技術 2024年6月号(検査と技術 Vol.52 No.6)

・タイトル:加齢とともに増加する性染色体欠失細胞

当社の代表久保がVenture Pitch Onlinev71に登壇します。
皆様、是非ご視聴ください。

・日時:5月23日15時
・概要
野村證券共催 VENTURE PITCH ONLINE Vol71
https://vp71.peatix.com/?lang=ja

当社のSinChro技術を用いた、染色体の異数性を測定する技術が下記の学術雑誌に掲載されました。

論文タイトル:A Novel Method for Acquired Sex Chromosome Mosaicism

学術誌:
Adv Biol (Weinh).2024 Apr 29:e2300512. doi: 10.1002/adbi.202300512. Online ahead of print.
First published: 29 April 2024 https://doi.org/10.1002/adbi.202300512

当社は、国立研究開発法人国立長寿医療研究センター、東浦町、東京都健康長寿医療センター、中京大学、株式会社ヤクルト本社、味の素株式会社、UHA味覚糖株式会社、天野エンザイム株式会社、株式会社日立製作所、株式会社ACCELStarsと共に、東浦研究を開始しました。

東浦研究は、2023年度より開始された新しい長期縦断疫学研究です。東浦町(愛知県知多郡)に在住し、要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の方が対象です。東浦研究の主要な目的は、フレイル(加齢に伴う心身の機能低下)の進行・改善に関与する要因を、様々な角度から解明することです。

詳しくは、下記リンクをご覧ください

https://www.ncgg.go.jp/ri/report/20240415.html

弊社のSinChro技術(学術誌投稿当時は旧称DimShift)に関して、簡便で高感度な特徴をいかし、血液腫瘍の患者様を対象にMRD(微小残存病変)の検出に有用であることを示唆する論文が、下記の学術誌に掲載されました。

論文タイトル:
Advancements in minimal residual disease detection: a practical approach using single-cell droplet PCR for comprehensive monitoring in hematological malignancy

学術誌:
Ther Adv Hematol. 2024; 15: 20406207241245510.
Published online 2024 Apr 15. doi: 10.1177/20406207241245510

1 2 3 4